プロミスの店舗窓口の活用シーン

最近の金融機関は非常に便利になってきており、より多くの情報を配信してくれている点と、より多くの機能を果たしてくれている点にあります。特に、短期の融資を実施しているプロミスにおいては金利が高くて総支払額は多くなるのですが、大手銀行と提携したことにより、非常に正確になってきました。このため、しんかりとした情報管理のもと、ユーザーの顧客に関する情報をシステムにインプットしているため、使いやすくなっています。ここで、最近ではプロミスに関してもしっかりとした対応を取っているところも多く、特に店舗の窓口に関しても使い勝手がよくなってきています。

店舗に人がいる場合には、わからないところがすぐにきくことができるので、金融機関にある特有の専門用語に関してもすぐに教えてくれることになります。このため、無人のプロミスATMでは操作などにつまってしまったり、さらには、用語がわからずに何をして良いかわからなかったところをしっかりと人がフォローしてくれて詳しい説明をしてくれるので、より活用するシーンがあります。さらには金利の説明に関しては金融の用語をわかりやすく使って説明しているので、間違えた処理をしなくてもすむという点と、さらには手続きや審査の流れや時期に関してもきっちりと教えてくれるので、すぐに手続きを完了させることができます。特に年配の方にとっては手続きが複雑で難しいところをしっかりとサポートしてくれる点がメリットとなります。