総量規制対象外で複数ローンをおまとめするメリット!

おまとめローンは複数の会社から借りているローンを一つにまとめることができます。複数ある借入先を1本化することで返済の手間を減らすことができ、月々の金利と返済額の軽減が可能になります。このおまとめローンは総量規制対象外である銀行のカードローンにまとめるとメリットが大きいです。それは、銀行カードローンは総量規制対象外であるために年収による借入れの規制がなく、さらに低金利なおまとめローンを選べるからです。
消費者金融のおまとめローンで複数の会社からの借入金をひとつにすると、総量規制があるために融資額が年収の3分の一を超える場合は追加融資を受けることができません。しかし、銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて業務を行っているので総量規制対象外です。したがって、カードローンでは年収の3分の1を超える場合であっても、借入可能上限額までは追加で借入れできます。ですので、追加融資のことを考えて自身の借入額に応じておまとめ先を選ぶということも可能です。また、総量規制対象外である銀行なら収入証明書なしで申し込めるおまとめローンもあります。
銀行のカードローンは下限金利も上限金利も総じて消費者金融よりも低く設定されています。このカードローンの金利は借入額が大きいほど金利が低くなるようになっています。したがって、複数の会社からの借り入れを銀行のカードローンおまとめにすることで、おまとめローンのメリットである金利と返済額を減額を最大限享受できます。